かわのダメな遊戯帳簿

それが性分だから

29日(日)

君の心へ続く永い一本道は
いつも僕を勇気づけた
とてもとてもけわしく細い道だったけど
今君を迎えにゆこう


カラオケで歌った、チューリップの青春の影が頭から離れない かわきち です、(。・ω・)ノ コンバンハ♪

まぁ、たいていこういう聞かせる曲が頭から離れないときは、物思うことがあって沈んでいるときなんですが、今回もご多分に漏れずそんなとこです。

今日は、さっきまで前の職場で働いている7個下の娘と、ドライブがてらにカラオケをしてきまして。
ちょっと頑張って、よく分かんない曲にも乗ってみたり、『ラヴパレード』や『青春アミーゴ』なんかを歌ってみたりして。
まぁ、あとは自分の世代の曲を、相手のテンションについていくのと、微妙な空気に素知らぬ顔をするために、ハーパーを一杯・・・少々グビっとしながら歌ってましたが。。。

年齢差って、やっぱりけっこう大きいものがあるんだねぇ。
普段している会話での、「んー、それは知らないなぁ」とか「へー、昔はそうだったんですかー」のようなもんはたいしてグサっとはこないけど、発する言葉の根底にある世界観や同じ物を見たとして感じるもの、そういうさらりと流せないとこで年齢差を感じてしまうってのはけっこう痛いねぇ。

ましてや、俺は既に社会に出た人間なのに対し、彼女はまだ専門学生でこれから社会にもまれていくって人間なのがねぇ、いろいろと溝を作っていてねぇ。
たぶん好まないであろうから言わないけど、時々「まぁ、君はまだ子供だからね」ってセリフを言っちゃいそうになるしなぁ。
やっぱ、こういう埋めきれない溝があるから、俺もどうしたらいいのかで悩めるんだろうなぁ。


前の職場の連中が、「どうでした、こないだ?」的なしてやったりのことを言ってきてないから、こないだは別に彼らが仕組んで二人きりになったって訳でもなさそうだからなぁ。
あの娘にとっちゃ、身近で一番話しやすいリーマンで面白いから遊んでるってだけってことも大いにあり得るしなぁ。
まぁ、そうだといいんだけど・・・んー、そうだと少し悔しいかな・・・。

踏ん切りがつかないんだよなぁ。
彼女は欲しいけど、あの娘を彼女と思って付き合っていけるのかって思うと、全然想像できないしなぁ。
暇だし金払いがいいからとりあえずキープしとくか、って感じに利用されるんならこっちも割り切れていいんだけども、そういう娘じゃないっぽいしなぁ。

あれこれ考えずにとりあえず喰っちゃえ、面倒なことになったらそん時考えればいいさ。
どーせ愛なんて持ち合わせてない、結局は彼女<自分な人間なんだから、いろいろ考えることはないさ。
お前が思っているほど相手はお前のことを思っちゃいねーよ、単なる暇つぶしでやってきてんだよ、うぬぼれてないでお前も相手を利用しろよ。

そうは思うんだけどなぁ、どうにも「もっといい男探せばいいのに」って思っちゃうんだよなぁ。
暇な休日を女の子と過ごせて楽しいってとこで、既に彼女を利用してるっちゃ利用しているようなとこもあるしなぁ。
んーむ、もしかしたら若い娘とやれる最後のチャンスなのかも知れないんだけどなぁ・・・。
ダメやなぁ、どうにも相手が悪女っぽくない、頑張って生きてるって娘だと慎重になってしまうんだよなぁ。

ふぅぅ....(-.-;)y-~~~
[PR]
by k-karu | 2006-01-30 00:39
<< ラーメン週間 悪女萌え >>



ビールとザクをこよなく愛するオールドタイプがおくる、スロブログのようなとこです。TBやコメントをもらえると嬉しくなれます。リンクはフリーです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30